企業看護師に転職したい方へ

企業看護師 求人

企業看護師に強い求人サイトは?

最近、看護師転職サイトの間で人気の職種の1つなのが企業看護師です。企業看護師のどういった点が人気なのでしょうか。ここではまず、企業看護師について説明します。

企業看護師とは、企業に常駐する看護師のことをいいます。 職場として多いのが企業医務室です。社員の健康管理の相談に乗ったり、 気分の悪くなった社員に対して簡単な看護業務を行うのが主な仕事です。 その他、会社によっては企業の健康診断をお手伝いする場合もあります。

企業医務室以外では工場に常駐する企業看護師もいます。 その他、産業カウンセラーや治験コーディネーターといった仕事をこなす 企業看護師もおります。 企業看護師になるには?

それでは、この企業看護師はどこに魅力があるのでしょうか。 メリットの1つ目は、病棟勤務の看護師にありがちな夜勤業務がないことです。 企業看護師が大抵は企業医務室に常駐するという話を説明しましたが、 この医務室はもっぱら9時から5時までの仕事であることが多いのです (もちろん企業によって微妙に時間帯は異なりますが) 。

つまり、企業看護師の勤務時間帯は世間一般のOLに似て、それほど 長時間ではないと言うことです。 それだけ体の負担も少なく、 家事や育児との両立をしやすい ということでもあります。

企業看護師のメリットの2つ目は、仕事が比較的楽であることです。 もちろん企業看護師の仕事にもそれなりの大変さはありますが、例えば 救急外来の看護師のような一刻を争うような場面はほとんどありません。

自分の仕事のミスで患者の命がなくなるといという切羽詰まった 局面になるケースは稀です。それだけ企業看護師の仕事にストレスは無いということです。

企企業看護師のメリットの3つ目は、年収給与が仕事のわりに比較的 高いということです。 もちろん、通常の常勤看護師に比比れば多少年収は落ちますが、常勤看護師の 場合、夜勤勤務が必須です。 こうした夜勤勤務がない割に給与単価が良いのが企業看護師の魅力の1つです。

もちろん企業看護師にデメリットもあります。 それはいわゆる看護業務でのキャリアを詰めないことです。 しかしそれを差し引いても、企業看護師の仕事が魅力であることは確かです。

それだけにご想像の通り、企業看護師の求人は大変な激戦です。 それもある意味当然なわけで、看護師の最前線から退いた傍ら誰だって 企業は看護師として働きたいからです。

加えて、企業看護師を社内におけるほどの大企業がそれほど多くありません。 長い不況も相まって、中小企業では企企業看護師を常駐させられないのが 現状でして、それだけに求人募集枠も大変少ないのが現状です。

このように募集枠が大変少ない企業看護師は、その求人情報は ほとんどが非公開です。 企業看護師の求人情報を得るためには、看護師専門の情報サイトに 登録する必要があります。 以下では企業看護師の求人に強い求人情報サイトを紹介していますので、 よかったら参考にしてください。

認定看護師になるまでの道のり

認定看護師になるまでの道のりについてご紹介していきましょう。認定看護師取得のための条件は以下の通りとなっています。

1.保健師・助産師・看護師、いずれかの免許を保有している
2.実務経験が5年以上あり、うち、3年以上が認定看護分野の経験である

これらの条件を満たした上で「認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)」を修了することで、認定看護師認定審査を受ける資格を得ることができます。そして、認定審査をクリアすることで、認定看護師認定証交付が交付されるという流れとなります。

認定看護師には、中堅以上のベテランというイメージを持つ方が多いかと思いますが、これは認定看護師になるために5年以上の実務経験が必要であることが関係しています。どれだけ実力と向上心を持っていても、看護学校や大学を卒業してすぐに認定看護師にチャレンジすることは不可能なのです。

ここで、認定看護師に必要な実務経験期間について詳しく見てみましょう。認定看護師になるために必要な実務経験は5年間ですが、この期間中に転職・休職などによるブランクがあった場合にも通算が可能です。但し、取得したい認定看護師の認定分野での実務経験が3年以上必要ですので注意が必要です。

例えば、小児救急看護認定看護師を目指す場合は、看護師として5年以上の実務経験を持ち、その中で小児救急看護の経験が3年以上必要となる、という事になります。つまり、未経験分野の認定看護師にはなることができない、という訳ですね。小児救急看護を目指しているが、その実務経験がないという場合には、小児救急看護の経験が積めるよう配属・転属希望を出すなどの準備が必要となります。

実務経験に関する条件をクリアすることで、「認定看護師教育課程」に進むことが可能となります。この専門教育課程を修了することで初めて、認定看護師の認定審査を受けることができます。認定看護師認定までの道のりは、年単位の時間が必要だという事を肝に銘じておきましょう。

認定看護師教育課程とは?

認定看護師になるためには「認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)」を修了することが条件となります。2012年現在、認定看護師教育課程を実施する機関は全国に53あり、80課程が実施されています。

認定看護師教育課程は6ヶ月以上のカリキュラムとなり、授業は平日の昼間に行われています。夜間開講は行われていないため、勤務を継続しながらの通学は実質不可能となっています。そのため、認定看護師を目指す看護師の多くが、休職・長期出張扱いで受講しているというのが現状です。

「教育課程受講のために休職すると、他の人に迷惑がかかる……」「休職すると収入が不安定になる」といった理由から、認定看護師教育課程の受講をためらう方が多いという実情があります。しかしながら、人員不足や収入に関する問題は、事前に準備をしっかりと行っておくことである程度解消することができます。

認定看護師へのチャレンジを考える方は、早めに婦長・師長に休職や長期出張扱いについて相談を行ったり、奨学金の利用や費用確保のための貯金などを行っておくよう心掛けましょう。

また、認定看護師教育課程を行っている教育機関は、日本各地にバランスよく設置されているわけではなく、かなり偏在しているというのが現実です。分野によっては、教育課程を実施している期間が全国で1か所しかない、という場合もあります。自分の行動範囲外に教育機関がある場合には、通学手段や住まいについても考える必要もありますので、事前準備は抜かりなく行っておくことをおすすめします。

加えて、認定看護師教育課程のカリキュラムは全校共通ですが、開講期間や費用は実施機関によって差があります。希望の認定分野が決定している方は、早めに各校の募集要項を確認し、できるだけ条件の良い教育機関を選択できるよう迅速に行動しましょう。中には、願書の受付期間が1週間しかない、という教育期間もありますので早め早めの準備が重要となります。

copyright 2013 企業看護師に強い求人サイトは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。