消費者金融:ネットでキャッシングをするメリット

パソコンからキャッシングを申し込む際に便利なことといえば、自分の好きな時に利用できることではないでしょうか。自分の空いている時間にいくつかの項目に入力するだけで、融資してもらえるかのチェックができますし、事前にパソコンからエントリーする事で、契約完了までに掛かる時間を短くする事が可能です。

契約方法は、店頭窓口や自動契約機、また郵送などの方法から選ぶ事ができます。キャッシング会社にもよりますが、自動審査を済ませたあとに窓口に行く事で、30分程で契約手続きが終わる会社もあるようです。インターネットを利用しての申し込みと窓口での申し込みを比較すると、前者の方が申込用紙に記載する手間や、貸し出し審査に掛かる時間を短くする事ができるのも長所といえるでしょう。

さて、ネット申し込みに関してですが、ネットで先に申し込んでおく事で、窓口や自動契約機でその後の契約完了時にすぐに現金を受け取ることもできますが、一旦カードを発行してから、その後融資を受けるというやり方もあります。

カード発行を行いたい場合は、自動契約気のあるスペース内で、決められた手続きをとることになりますが、申し込みしたその日のうちに口座への入金を依頼したい場合は、融資を受けられる受付時間に気をつけてください。

もしも営業時間の間に審査が終わらないケースでは、申し込みの次の日に審査が回されてしまったり、審査が通った場合でも、振込みが次の日になってしまうことも考えられます。なるべく早く融資を受けたい場合は、インターネットで申し込みを済ませてから、近くの店頭窓口に足を運ぶか、消費者金融の自動契約機を利用して契約するのがお勧めです。

また、もともと店舗でスタッフとの会話を避けたいという人もいると思いますが、その場合は、窓口に行かずに契約を済ませることの出来る、郵送契約が向いていると思います。郵送で契約を行うと、先に指定口座に入金され、そのあとに発行されたカードと契約書類が届くという流れです。
千葉銀行|個人のお客さま

送られてきた契約書に必要なことを書き終わったあと、送り返して契約が終わります。キャッシングを誰にも知られたくない場合はお勧めの方法となりますが、自宅に封筒が届きますので、書類を交わす際にご家族に気付かれる可能性は低くないです。

キャッシングサービスと金融期間

お金を融資することを生業にしている企業は多いです。このような企業は、お金を融資したり預かったりする「銀行」「信用金庫」などの金融機関と、融資するのみの「ノンバンク」と、大きく二つに分ける事ができます。

ノンバンクの種類としては、消費者金融会社や、信販会社、抵当証券行、サラ金、質屋など、色々な種類の企業が上げられますが、この中でもローンやクレジットを個人に提供するサービスが「消費者信用産業」と呼ばれるものです。

例えば私たちの身近なサービスでは、買い物をする際に利用する「クレジットカード」サービスが挙げられます。提供を行っているのは、信販会社やクレジット会社です。

また、キャッシングと聞いて一番にイメージする消費者金融会社などもあります。消費者金融が主立って行ってきた「消費者ローン」は年々消費者からの求める声が拡大しつつあり、近頃では信販会社や銀行などでも取り扱っているのが現状です。

ところでローンとキャッシングの違いをご存知でしょうか?ローンというと、住宅やマンションなどを手に入れる際に利用する「住宅ローンや」、車の購入時に利用する「自動車ローン」を思い出すと思いますが、これらの「使う目的が決まっている大きな融資」というのが「ローン」となります。

大きな額を融資してもらい、長い期間で無理なく返していく事が一般的です。キャッシングと比較すると、利息が低めに設定されていること、保証人や担保がないと借りられないこと、というのがポイントになります。

ではクレジットはどうでしょう。担保が必要になってくる「住宅ローン」などとは異なり、「個人の信用」というのが大事になります。いわば、「個人の信用=担保」となるわけです。信用を担保にするからこそ、現金ではなく商品やサービスを手にい入れ、料金を後から支払う、といった形が保てることになります。

そして最後にキャッシングですが、キャッシングは個人を対象にする定額融資を意味する言葉です。通常の利用方法は、カードを活用して振込みやATMで融資してもらう方法となります。

担保も保証人も不要ですが、住宅ローンなどと比較すると高い利息設定です。一般的にはメジャーどころの消費者金融では「○▲キャッシング」、信販会社や銀行などでは、「▲○カードローン」と呼ばれる事が多いですが、サービス内容はほとんど変わらないものと考えられています。

キャッシング会社の在籍確認とは

キャッシングをしたくても、在籍確認が気になって躊躇してしまう人は少なくないようです。在籍確認というのは、融資を受ける時に、申込書どおりの内容かどうかを、金融機関側がチェックする方法となります。

キャッシング業者サイドから見れば、融資を希望する人が返済できるだけの安定した収入があるのかどうかということは、死活問題です。ですからキャッシングなどう融資を受けるための申込書には、勤務先などを記載する項目が必ずあります。

では在籍確認とは、どのような特徴があるのでしょう。

まずひとつ目は、審査する業者の社員が電話を「個人の名前」でかけてくること、ふたつ目電話に本人が出たときにはキャッシングの在籍確認の旨を伝えられること、みっつ目は融資希望者が休暇中だった場合などでも、勤務している事がわかれば在籍確認が取れたとなること、とです。

このように、融資希望者の職場に、キャッシング会社スタッフから電話が掛かってくる事で、在籍確認となります。会社の同僚などにキャッシングがばれるのは嫌だな、と考える人はいるかもしれませんが、そこは安心しても大丈夫です。

キャッシング会社も企業名は言わず、個人名を名乗って電話をしてきます。企業名を名乗らず電話をかけるというものは、プライバシー保護のために貸金業法によって決めれていることなので心配無用だといえるでしょう。

掛かってきた電話の中身は特に難しいものではありません。ただ、在籍確認のための電話、といった内容となるのが一般的です。

通常はキャッシングやカードローン利用時に必ず在籍確認は行われますが、消費者金融の中には、在籍確認のない企業もあると聞きます。

勿論条件として、決められた書類提出を義務付けられたり、銀行口座を用意したり、融資額を限定されることも多いですが、それをクリアすることによって、在籍確認を電話で取られることもなく、キャッシングを行い融資を受けられることも事実です。

但し、大半のキャッシング企業は、キャッシングやカードローンの申し込み時には在籍確認を行っていますので、融資を受けるための入り口なのだと理解しておいてください。

このページの先頭へ